アラブの石油の今後は

アラブというとオイルマネーのイメージが強くあります。
石油王と呼ばれる一部の富裕層が儲けていると言われています。
実は一部の富裕層だけではなく、アラブの一般の人もこのオイルマネーで恩恵を受けています。
石油王はオイルマネーを独占するのではなく、多くの利益を国民に分配しています。
アラブでは、税金を徴収していませんし、医療や福祉が無料になっていますし、教育も大学までは無料になっており、オイルマネーがまさに国の全てを支えています。
この他にもオイルマネーは一般の人にも多く分配されています。
多額のオイルマネーを生んでいる原油の価格に最近になり大きな動きが出て来ています。
しかし、最近になり原油価格が下落を続けています。
なぜ原油価格が下落しているのかというと、通常考えられるのが石油が不足して起きているのかと思われますが、そうではなく石油の需要が減って来ているのに対して石油の生産量の多過ぎた事によって起きたと言われています。
このまま石油の生産量を減らさないと今後アラブを石油危機が襲う可能性があります。
アラブなどのオイルマネーで国が支えられている国は、石油価格が下落してしまうと利益が減ってしまい国が維持できなくなってしまうと言われています。
現在は、プールしているオイルマネーがあり国の体制を維持していますが、このまま原油価格の下落が続くとプールしているオイルマネーが底をついてしまい国を維持できなくなってしまう可能性があります。
現在は、労働を外国人に行わせていますが、アラブの人は働く必要があまりありませんでしたが、プールしたオイルマネーがつきてしまうと、今のままの国の体制では国が崩壊してしまう危機にあります。