日本人がアラブ首長国連邦で生活するには

日本人がアラブ首長国連邦(UAE)で生活する場合に気を付けたい点がいくつかあります。
アラブ首長国連邦はイスラム教です。宗教的な理由で守るべきマナーがあるので注意する必要があります。
まずは服装です。男女問わず肌を露出しすぎないようにします。肩やひざがでる服装は避けるべきです。
ドバイや首都のアブダビでは観光客が多く、露出している人も多いですが、観光スポットを少しでも離れると現地の人が多いため普段から服装には気を付けたほうが良いです。
また観光地であってもプールの着替えなどで裸になるというのは非常に危険です。もし現地の人がいた場合、最悪の場合通報されます。UAEではこのような行為は犯罪行為です。必ず個室が用意されているのでここを利用しましょう。
また挨拶のマナーについても知っておいたほうが良いです。
男性から女性に対し、握手をもとめるのはマナー違反にあたります。ビジネスであっても気を付けましょう。また、イスラムの女性は写真を撮られることを嫌う人が多いです、必ず相手に断ったうえで写真を撮りましょう。
また、UAEで生活するならば「アジア人」というのがどのような位置づけなのかについての知識も必要です。もし、ショッピングなどで不当な扱いを受けることがあれば、その原因は、現地の人からあなたがアジア人であると認識されているからであることが多いです。
UAEでは、アジア人はメイドや低賃金の労働に従事するケースが多いのです。
この場合、あなたが日本人であると伝えることが大切です。日本人はUAEのビジネス界においても進出しており、一定の地位を得ています。たのアジアの国々よりステータスが高いといえるのです。このため、自分が日本人であることを表明したほうが良いことが多いのです。